離婚後の共同養育のため、親権と監護権を分離させた離婚合意をまとめた事例

依頼者:女性 40代

相手方:男性 40代

争点 :親権・面会交流

経緯

依頼者と相手方にはお子さんが居ました、

双方離婚することには争いはありませんでしたが、お子さんへの影響を少なくしたいといわれ、夫婦双方で今までと同じ生活はすることをしたいと考えていました。

しかし、双方の依頼者ともお子様への権限を一人に集中させると自分が排除されるのではないかと不安になられて話が進みませんでした。

対応

お二人とも今後お子さんへの関与ができなくなる恐れを考えていたことから、親権者と監護者をわけることにしました。

その上で、今後の生活方法について取りきめを行い、円満に離婚を成立することができました。

ポイント

夫婦関係は清算してもお子様への影響を考えて、できる限り生活を変えないケースは時々ありえます。

この事例の様に、離婚後の関係が悪くなくお互いに自制して、共に養育が可能であれば、親権と監護権の分離を行うことは有効かなと思います。

他方で、かなり関係が悪くなっていたり、双方の力関係があるような事例では、現在の問題が残ったままになるので、このような解決策はおすすめできません。

離婚のお子さんに関する条件については、今や将来の関係を見越した上で決めるべきかなと思います。

どのような解決をしたらいいか、ご回答できると思いますので、お気軽にご相談いただければと思います。