離婚事件で弁護士に依頼するメリット

離婚事件で弁護士に依頼をする目的は人によっていろいろあると思います。

ただ、共通していえるメリットはいくつかあるかなと思います。

 

1 相手と連絡をとらなくてよくて楽

実は弁護士の役割のうち、これが一番大きいメリットかも知れません。

トラブルの間にある人は、通常とても強いストレスに晒されます。

そこでは冷静な判断も出来ないでしょうし、生活にも支障が出ます。

弁護士に依頼をした場合、基本的に相手との対応は弁護士がしますので、トラブルのストレスを大きく下げることができます。

 

2 法律に基づいた解決方法ができる

法的に妥当な解決方法を目指すことが出来るということです。

離婚手続は、「離婚ができるか」のほかにも「親権はだれがもつか」「養育費はいくらが適正額か」「財産分与はどうやって計算するか」「慰謝料はいくらくらいが相場か」などいろんな法的な事件があわさったものです。

ですので、法律家でない人が一人で解決しようとする場合、どうしても法的には不正確な判断が混じってしまい、不利益な結果になりかねません。

 

3 情報の整理や書類の作成をかわりにやってもらえる

離婚事件は、多くの事件があわさったものですので、検討する情報も自然と多くなります。

この情報をもとに書類を作らなくてはならないこともあります。

これらの行為をトラブルになれていない方が整理するのは至難のことです。

ときには変な書面や不利な書面を作って、かえって首を絞めてしまうこともあります。

離婚業務を多く扱う弁護士は、普段からこの情報に接していますので、面倒な情報の整理や書面作成を代わりに行う事が出来ます。

 

4 事実上の力関係に影響しない解決ができる

当人だけで事件を解決しようとする場合、どうしても事実上の力関係そのまま事件に影響してしまいます。

例えば、モラハラやDVの場合は決定的な力関係がありますので、不利益な解決になりかねません。そうでないにしても大なり小なり事実上の力関係に影響を受けてしまいがちです。

しかし、弁護士が目指す解決は、法律に基づいた解決方法です。

この場合、事実上の力関係ではなく、法に基づいて公平な解決を実現することが出来ます。

 

5 事件解決ノウハウを使える

離婚業務を多く扱う弁護士は、当然離婚問題を多く解決しているのですから、普通の方よりは事件解決のノウハウや落とし所などの知識を持っています。

弁護士に相談や依頼をすることで、このノウハウを使うことが可能になります。

 

とりあえず、思いつく一般的なメリットを書いてみました。

自分にない部分があるかも知れないと思われましたら、お力になれるかも知れませんので、相談だけでもお気軽にして頂ければと思います。

 

最後に

PRTIMESにおいて、「離婚について弁護士に相談するメリットについて徹底調査」が取り上げられており、弁護士に相談した方の9割以上が「弁護士に相談してよかった」といったデータを掲載しています。(離婚経験のある方100名を対象に、離婚の際の弁護士相談について調査を実施。その結果、弁護士に相談した人の割合は全体の54%、そのうち「相談してよかった」と回答した方の割合は90.7%との結果に。)
実際の相談者の声として、具体的なメリットも掲載されておりますので、ぜひご参考にして頂ければと思います。

 

※詳しくは下記リンクをクリックして、ご覧ください

PRTIMES