離婚条件で話し合いがまとまらない方へ

離婚には合意しているものの、離婚条件で合意できない方へ

離婚をするときには、「子供」に関することや、「お金」に関すること決めないといけません。

例えば、

子供について:親権、面会交流

お金について:財産分与、慰謝料、養育費、婚姻費用、年金分割

などです。

この項目全てをできたら書面化しておきたいところです。書面化しておけば後々、言った言わない等のトラブルになることもないですし、公正証書にすれば養育費が支払われないときでも、裁判を経ずに強制執行することができます。

 

交渉で条件が折り合えない場合

離婚の条件を決めるときのコツは、自分のもっとも大事な条件を意識することです。

離婚事件で特にお子様がいる場合が顕著ですが、今後も人間関係が残っていくという特性があります。

ですので、自分の中で譲歩できる部分と譲歩できない部分を整理し冷静に話し合うことが大切になります。

これを決める際に、何が大切か、どのように考えたらいいかについては、離婚業務を多く取り扱う弁護士に
相談されると参考になります。

弁護士がお役に立てること

弁護士にご依頼をいただくことで、相手方との交渉・話し合いや、調停・裁判での主張、必要書類の作成などを全て代理で行います。

離婚の場合、感情がぶつかり、当事者間の話し合いでは解決できないケースも多くありますが、弁護士が間に入ることで、論点を整理し、解決に導くことができます。

また、子どもの問題やお金の問題において、依頼者の方の離婚後の生活がより豊かなものになるように、適正な条件での離婚成立を目指します。

特に、離婚後の生活設計は何よりも重要な視点ですので、それらについてもアドバイスをさせていただきます。

 

お一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください。

>>ご相談の流れ

>>弁護士費用