財産分与

財産分与とは、離婚に際して、夫婦が婚姻期間中に協力して築いた財産を清算することです。

離婚は、夫婦という共同体を解散させる行為ともいえます。

ですので、夫婦が協力して作った財産も離婚にともなってわけようという制度です。

 

原則的には、婚姻期間中に夫婦が協力して築いた財産を2分の1の割合で分け合うことになります。

専業主婦(夫)だったとしても、家事労働によって財産形成に貢献しているので、財産分与を求めることができます。

 

財産分与の対象について

婚姻期間中に築いた財産が分与の対象となるので、結婚前から持っていた財産は財産分与の対象とはなりません。

また、夫婦が協力して築いた財産が分与の対象となるので、例えば相続したりもらったりした財産は財産分与の対象となりません。

 

分ける率について

原則二分の一ですが、事情によって変わることもあります。

例えば、一方が経営者などで高収入な場合などです。

この場合は、夫婦の財産形成に一方の寄与が大きいとして、分ける率が変わる場合があります。

 

一方が借金を負っている場合

住宅ローンやカーローンなど、夫婦の生活のために借金を負っている場合はどのようになるでしょうか。

通常、現在夫婦が持つ財産から借金を引いた部分を財産分与の対象とする事になります。

しかし、借金が夫婦の持っている財産より大きい場合もあります。

この場合は、借金の名義人が残りの借金を負うことになり、借金を分けて負うことはありません。

借金も分けて負わなければならないと相手方や調停委員に言われ、深刻なお気持ちでの相談をお請けするときがときどきあります。そのような事を言われたときはすぐに弁護士にご相談下さい。