不倫をしたモラハラ夫との離婚を適正な条件実現した事例

依頼者:女性 30代

相手方:男性 30代

争点 :離婚・養育費・慰謝料・モラハラ

 

経緯

相手方は依頼者がいながら他の女性と不倫を開始しました。相手方は依頼者に対して多くのモラハラ行為もしていたようでした。

この相手方に嫌気がさした依頼者が離婚を求めた事件です。

相手方は、自ら不倫をしてそれを認めながらも、慰謝料をしはらうことを否定し、婚姻時の婚姻費用も離婚後の養育費の支払いも拒んでいる状況でした。

依頼者も離婚を求めており、裁判所で解決する方が妥当な案件と思いましたので、依頼を受けすぐに婚姻費用を求める調停と離婚調停を申し立てました。

この結果、離婚の実現、相手方から依頼者への適正額の婚姻費用・養育費の支払い、慰謝料額の支払いをすることで調停を成立させることができました。

 

ポイント

不倫をしたモラハラ夫との離婚案件です。

モラハラ夫が不貞をした場合、今回の事件の様に自分の都合のよいことを言い、自分の責任を免れようとすることがよくあります。

この場合、話し合いで責任を認めさせることはなかなか難しいと言わざるを得ません。

このような場合、交渉ではなく調停や裁判などを用いて、客観的な判断を突きつける方法が有効かと考えています。

また、モラハラ加害者との交渉を被害者の方が行うことは、一般にはとても困難なことと思いますので、弁護士に助言を求めることをおすすめします。