DVを行う内縁の夫との関係を、保護命令を使い解消した事例

依頼者:女性 30代

相手方:男性 30代

争点 :DV

経緯

依頼者は過去に相手方から暴力を受け離婚をしました。

 

しかし、その後相手方は依頼者を追ってきて、また二人は事実婚の状態になりました。
再び相手方は依頼者に暴力を振るってきたため、助けを求めて相談に来られました。

対応

相談を受けて、依頼者の身の危険を感じたことから、すぐに保護命令の申立を行いました。

 

まもなくして保護命令が出され、依頼者は無事に相手方との関係を解消することができました。

ポイント

DVを行う当事者さんの中には、パートナーに対して強い執着を持つ方が一定数いらっしゃいます。

 

一旦分かれた後にも近づこうとする人もいますし、暴力を繰り返すこともあります。

 

身の危険を感じたら一人で悩まず、すぐにご相談をしてください。